英語学習法

スキップしてない!?英語を「話せる」ようになるために必要な3つのステップ

こんにちは、Yukiです。

今日はスピーキング上達法についてのお話です。

「話せるようになるためには、とにかくたくさん話すしかない」と思っていませんか?

実はこれは間違っています。

話す練習には3つのステップがあり、実際に話すという行為はその3番目。

3つのステップを一つずつ見ていきましょう。

話すために必要なの3つのステップ

①大量のインプット

とにかくたくさん喋れば上達すると思っている人の大きな間違いは、インプットを軽視していることです。

ただただとにかくたくさん喋っても、今のあなたの引き出しの中にある語彙や文法の範囲でしか話せません。

更に使える表現を増やしたり、自由に話せるトピックを増やしたりするためには、引き出しに新しいものを入れていく必要があります。

私自身、オンライン英会話でとにかく話すレッスンを受けていて自分で「伸び悩み」を感じると、レッスンはしばらくお休みしてインプットする時間を取ることもよくあります。

インプットには以下のような方法があります。

  • 単語学習
  • 文法おさらい
  • 多読
  • シャドーイング
  • リスニング
  • 動画などの視聴

②リハーサル

次に二つ目の段階、リハーサルです。

よく、話す機会がないから英語が喋れるようにならない、という方がいます。

でも、実際に外国人を前にして話す機会はなくとも、自分でリハーサルをすることによっても言語は十分習得されます。

リハーサルをすることで自分が言えないことを知り、更なるインプットの必要性に気づくこともできます。

また実際の会話の場面では、上手く言えないことがあっても相手がなんとなく察してくれたり代わりに言ってくれたりして会話が進みますが、

自分一人でリハーサルをする場合にはそういう訳にはいきません。

言えないことがあれば、言葉が見つかるまで進めません。

「言い方がわからなくてもどかしい」という感覚を持って調べたその単語は深く記憶されます。

リハーサルの方法には以下のようなものがあります。

  • 独り言
  • 音読
  • 日記やライティング

③実践

さあ、ようやく外国人を相手に実践です。

インプット+リハーサルしたものを試す場です。

実際に伝わった嬉しさと伝わらなかった悔しさを持って、再度「インプット+リハーサル」に励みましょう。

実践には以下のような方法があります。

  • オンライン英会話
  • 英会話カフェ
  • 国際交流イベントなどへの参加

まとめ

  1. 大量のインプット
  2. リハーサル
  3. 実践

どれ一つ欠かすことはできません。

インプットばかりでも使えるようにならないし。かといって闇雲に実践ばかりでも上達はできません。

3つのステップ全てを踏んで、スピーキング力をアップしましょう。