目標設定

英語学習の目標設定にSMARTゴールを応用しよう

こんにちは、Yukiです。

明確な目標設定は英語学習成功の第一ステップ。

今日は目標を具体化する方法を一つ紹介します。

英語学習の目標設定にSMARTゴールを応用しよう

SMARTゴールを意識しながら英語学習の目標を設定してみると、目指す姿がかなり具体的になります。

SMARTゴールとは

ビジネスの世界でも使われているSMARTゴール。

元々はジョージ・T・ドラン氏が著書『There’s a S.M.A.R.T. way to write management’s goals and objectives』(1981年)の中で提唱した目標設定方法。

だそうです。

S: Specific(具体的な)
M: Measurable(測定可能な)
A: Achievable(実現可能な)
R: Relevant(適切な)
T: Time-bound(期限のある)

の頭文字をとってSMARTゴールと呼ばれます。

以下、一つずつ詳しくみてみましょう。

S: Specific(具体的な)

目標は出来るだけ具体的に、明確に。

例えば「英語喋れるようになりたい。」という目標では曖昧過ぎます。

「When(いつ)」「Where(どこで)」「Who(誰)」「What(何を)」「Why(なぜ)」

この5つのWを意識しながら具体化していきます。

いつどこで誰とどんな話を英語でしたいですか?

M: Measurable(測定可能な)

目標は、数値化して達成を実感できるものにしましょう。

数値化といっても英検2級、TOEIC800、など試験である必要はありません。

例えば、

  • 外国人の先生と会話のキャッチボール5往復できるようになる
  • 身近な10のトピックについてはスムーズに話せるようになる
  • 独り言で1分間英語で話し続けられるようになる

などの形でスピーキング力も数値化できます。

A: Achievable(実現可能な)

その目標はあなたにとって到達可能なものですか?

あまりにも現実とかけ離れたものになっていませんか?

実現するために必要な時間やツールはありますか?

実現するためには何が足りないのか、何が必要なのかも考えてみましょう。

R: Relevant(適切な)

このRは他にもRealistic(現実的な)、Related(関連性のある)などの解釈もあるようです。

英語学習においてはRelevantの解釈がしっくりくるので私はこちらを採用します。

その目標はあなたにとって適切なものでしょうか。

自分のライフスタイルに合わない目標は持続しません。

その目標はあなたの価値観在りたい姿に合致していますか?

T: Time-bound(期限のある)

いつまでに、という期限を設定することも目標達成にはとても重要ですね。

※但し無謀な期限を設けてはいけません。

例えば全くの初心者が「3ヶ月でペラペラを目指す!」というのは現実的な期限ではありませんね。

(3ヶ月でペラペラになれると謳っているスクールもありますが…ね。)

現実に即した期限を設定しましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ぜひSMARTゴールに沿って書き出して、自分の目標を具体化してみてください。

SMART目標の立て方まとめ
  1. S: Specific(具体的な)
  2. M: Measurable(測定可能な)
  3. A: Achievable(実現可能な)
  4. R: Relevant(適切な)
  5. T: Time-bound(期限のある)