英語自律学習

英語学習の”現実”を知る

こんにちは、Yukiです。

さて今日は、英語学習の厳しい(!?)現実をお話しますよ。

英語学習の”現実”を知る

溢れる情報に振り回されないように。

甘い話に乗らないように。

溢れる情報に振り回されていませんか?

英語学習に関する情報、本当に溢れていますよね。

スマホを開けば「聞き流すだけで」「ゲームするだけで」「動画見るだけで」と、〇〇するだけでペラペラ系の広告が目に入ってくるし、

英語学習法について語るYouTubeチャンネル、ブログも山ほどあるし、

最近ではSNSでも色々な情報発信している方が沢山。(あ、私も含め。)

英会話スクールと一口に言っても、

従来型の英会話教室に加えて英会話カフェ、短期集中型のスクール、コーチング系スクール、格安のオンライン英会話…

どれを選べばいいのだか。

正直、英語学習講師歴10年以上な私でさえ危うく惑わされてしまいそうになる時が多々あります。

大丈夫ですか?振り回されていませんか。

英語学習の現実を知ろう

手っ取り早く簡単に身につきそうなものに飛びつきたくなるのはわかる。

人がいいよ!って言ってるものをとりあえずやってみようと思うのもわかる。

でもちょっと待って。一旦、英語学習の現実に目を向けて見ませんか?

身につけた人に共通する一つのこと

私は留学経験や仕事の経験を通して所謂「英語を身につけた人」を沢山知っていますが、

共通するのはただ一つ。

努力してます。

留学していたと言うと「じゃあペラペラなんだね!いいなぁ。」と大抵言われますが、

必ずしも留学経験と高い英会話力はイコールで結べません。

実際に「留学中に喋れない現実を叩きつけられ、帰国してから日本で努力して身につけた」と言うのはよく聞く話。

私自身もそうです。

私が知る限りでは、

とりあえず海外行ったらできるようになった!〇〇するだけでペラペラ系の教材でできるようになった!とか、短期間でできるようになった!

という人に実際に出会ったことはありません。

これが現実。

これだけやれば身につかないはずはない

英語学習の現実を更に知るために、参考になる本をご紹介します!

正直、特に最初の『英語上達完全マップ』なんかは「わぁーこんなにやらんといけんのかー」って私も思いました。

でも同時に「これだけやれば身につかないはずがない!」とも思いました。

気になる方はぜひ読んでみてくださいね。

「努力=辛い」ではない

ここまで読んで、そんなに大変ならやっぱり英語の勉強やめちゃおうって思ってしまいました?

ちょっと待ってください!

間違えないで欲しいのが、必ずしも「努力=辛い」ではないということ。

努力って聞くと、すごく大変そうだし、辛そうだし、面白くなさそうですよね。

でもそうである必要はないんです。

私を例にとれば、努力だとは思わずに楽しみながらやってきたことが、

結果的に振り返ってみると「結構努力してきたんだなぁ」そんな感覚です。

自分なりアレンジでやってみよう

「努力が必要」「量が必要」「長期戦」こういった英語学習の現実は知りつつも、やり方はあなた次第。

このブログで繰り返し伝えている「自律学習者」として、

自分に合ったやり方、自分が楽しく長く続けられるやり方を見つけながら、辛くない努力をしていきましょう。

英語を味方につけて、上手に付き合っていきましょう。