自己分析

発音が苦手な人の3つのタイプ。あなたはどのタイプ?

こんにちは、Yukiです。

「英語の発音って難しい…。」と漠然とした苦手意識を持ってる方、具体的にどこで躓いているのか探ってみましょう。

日本人学習者が抱える発音の問題3タイプ

英語の発音が苦手という方。

発音が悪いと言っても実は3つのタイプがあることを知っていましたか?

日本人学習者が抱える3種類の発音の問題と、それぞれに合った練習法を見ていきましょう。

①一つ一つの音

英語は、そもそも一つ一つの音自体が日本語とは全く異なります。

例えば”R”と”L”のように日本語では区別をしない音や、”TH”や”V”のようにそもそも日本語にはない音は、

当然日本人にとってはそもそもその音を出すこと自体が難しいです。

ま、日本語では、

INU(犬)、NEKO(猫)USAGI(うさぎ)

のように必ず母音(AIUEO)で終わりますが、

英語では逆に、

DOG(犬)、CAT(猫)RABBIT(うさぎ)

のようにほとんどの単語が子音で終わるという大きな違いがあります。

普段日本語で最後に必ず母音をつけることが染み付いている私たちは、英語を発音するときにも、

DOGU、CATO、RABBITO

とついつい後ろに母音をつけてしまう癖があります。

こんな方はフォニックスでまず一つ一つの音を綺麗に出す練習をしましょう。

フォニックスについて詳しくはこちらの記事を参照ください。

②音の連結、脱落、変化

二つ目のポイントは連結、脱落、変化。

日本語では、基本的には書かれた文字をそのまま発音します。

はじめまして。わたしのなまえはゆきです。

これは「あいうえお…わをん」までの読み方がわかればそのまま発音できるわけです。

しかし英語ではというと、

Nice to meet you. My name is Yuki.

ナイス トゥ ミート ユー → ナイストゥミーチュー

マイ ネイム イズ ユキ → マイネイミズユキ

のように文章になると単語と単語の音が繋がって変化します。

この音の繋がりや変化がに手こずっている方、オススメの練習法はディクテーションです。

ディクテーションについて詳しくはこちらの記事を参照ください。

③リズム、イントネーション

3つ目はリズム、イントネーションです。

日本語はとてもフラット(平坦)な言語で、抑揚や強弱をあまりつけません。

でも英語はどうでしょう。音楽のようなリズムや音の強弱があります。

これが、日本人の話す英語が英語らしく聞こえない大きな原因です。

ネイティブになりきり、意識して抑揚や強弱をつけるだけで聞こえ方が大きく違ってきます。

リズム、イントネーションを英語らしくするためにオススメの練習法はシャドーイングです。

シャドーイングについて詳しくはこちらの記事を参照ください。

自分の発音を分析してみよう

この記事で紹介した3つのうち自分は何が特に苦手なのかをまずは把握しましょう。

そのためには録音がオススメ。

お手持ちのテキストに載っている文でもネットの英文記事の文でも、なんでも構いません。

録音はスマホのボイスレコーダーアプリでもいいし、カメラ機能で動画を撮ってみてもいいでしょう。

一度自分の発音をじっくり聞いて、自己分析してみてください。

上に挙げた3つのうちどこが自分の弱点かわかったら、あなたにぴったりの発音強化法が見つかるはずです。