自己分析

口コミよりも参考にすべきは自己分析

こんにちは、Yukiです。

英語を学ぶ上で出てくる選択肢、どう選ぶ?というお話です。

口コミよりも参考にすべきは自己分析

英語、どうやって学ぼう?どこのスクールがいいかな?どんな教材がいいかな?

迷った時、何を参考にしますか?

口コミ?レビュー?SNS?ブログ?

もちろん情報収拾として色々なものを参考にすると思うのですが、

最終的な決め手にするべきは「自己分析」です。

英語を学ぶ上で直面する選択肢

英語を学ぼう!と思った時、まず出てくる選択肢の一つ。

  • 独学で学ぶ?先生から習う?

仮に先生から習うことにしたとすると、また大量な選択肢が出てきます。

  • ネイティブ講師?非ネイティブ外国人講師?日本人講師?
  • グループレッスン?個人レッスン?
  • オンライン?対面?
  • 毎回同じ先生に習う?違う先生に習う?
  • 教材に沿って進むスクール?英会話カフェのようなカジュアルな形態?
  • 週に何回通う?
  • どれくらいの期間通う?
  • 予算は?
  • 場所は?
  • 宿題はあり?なし?

など色々と検討する項目が出てきますね。

問題は「今」の「自分」に合うか合わないか

どんな選択肢を取っても利点と欠点が必ずあります。

どれが良い悪い、ではなくどれが「今」の「自分」に合う合わない、

を基準に選んでいきましょう。

「今」の「自分」に必要なものは何?

じゃあどうやって「今」の「自分」に合う合わないを見極めるのか。

それは他人のレビューや口コミ、オススメではどうにも見極めようがありません。

「今」の「自分」に必要な学習は、「今」の「自分」を知ることでしか、わかりようがないですね。

自己分析をしよう

必要な英語学習を知るための自己分析のポイントを5つ紹介します。

  1. 自分のレベルを知ろう
    オンライン英会話の体験を受けてとりあえず今の段階でどれくらい喋れるか試してみたり、中学英語の問題集を解いてみてどれくらい覚えているか試してみたり。
  2. 自分の目標を知ろう
    なんのために学びたいの?どれくらいの英語力を身に付けたいの?できる限り具体的に書き出してみよう。
  3. 自分のキャパシティーを知ろう
    実際に毎日どれくらい英語と向き合う時間が取れそう?実現可能な目標でなければ続きません。どれくらい頑張れそう?
  4. 自分の興味を知ろう
    自分の趣味や性格、価値観にそぐわない学習法では続かないし身につかない。自分が楽しいと感じるものが何なのか見つめ直してみましょう。
  5. 自分のモチベーションの保ち方を知ろう
    継続が大事。今までの挫折経験、成功経験を振り返り、自分が継続して頑張れるパターンを見つけよう。

自分をよく知った上でもう一度選択肢を比較しよう

自分をよく知った上で改めて選択肢をみてみましょう。

例えば、

英語を習うなら絶対ネイティブと最初は思ったけど、やっぱり自分はまだ中学文法もあやふやだと分かったから、初めは日本人の先生に丁寧に教えてもらおう。

とか、

個人レッスンで丁寧に教えてもらった方がいいと思ったけど、やっぱり自分は大勢で喋るのが好きだから、グループの方が楽しくてモチベーションが続きそうだ。

とか、

週3くらいがっつりやって短期間で身につけるのがいいと思ったけど、仕事の忙しさを考えるとやはりあまり現実的ではないな。週1でじっくりやる方がいいかもしれない。

とか。

何かしら見えてくると思うのです。

そうやって「今」の「自分」をまずじっくり見つめることが、英語学習を成功させるための近道になります。

ぜひ自己分析、してみてください。