自己分析

「リスニングができない」の種類別まずやるべき勉強法

こんにちは、Yukiです。

「英語が聞き取れない」という方。

一口に聞き取れないと言っても色々な種類の聞き取れなさがあります。

自分が今いる場所、きちんと把握していますか?

どう聞き取れないの?なぜ聞き取れないの?

とりあえず”リスニング”と書かれた参考書を買ったり、闇雲に英語を聞き流したりしていませんか?

「リスニングができない」の種類別まずやるべき勉強法

「リスニングができない」の3つの種類

  1. ゆっくりはっきり言ってもらってもわからない
  2. ゆっくり言われたり書かれたものを読めば意味はわかるのに、速いとさっぱり音が聞き取れない
  3. 音自体または途中途中単語は聞き取れるけど、意味を考えているうちに追いつかなくなる

どの段階にいても共通して言えるリスニングUPの秘訣

学習のどの段階にいようと共通して言えることが二つあります。

理解可能な音源を聞こう

言葉は「理解可能」なものを「大量」インプットすることが効果的です。

意味のわからない文章をひたすら聞き流しても、学習効果は期待できません。

理解できるスピード、内容のものから始め、自分のレベルアップとともに音源のレベルも徐々にアップさせていきましょう。

声に出して真似よう

自分が言えないものは、聞き取れません。

逆に言うと、自分が言えるようになれば、自ずと聞き取れるようになります。

声に出し真似をして「言う」練習をすることが「聞く」練習にもなります。

「リスニングができない」種類別の対策

では上で見た3つの段階別に、今まずやるべき勉強法を見ていきましょう。

①ゆっくりでもわからない

まずは単語や文法の基礎を一通り復習するといいでしょう。

サラッとおさらいするなら↓

基本単語を思い出すなら↓

②音自体が聞き取れない

ゆっくりはっきり言われたり、書かれたものを読めば理解できるのに、音だけになるとさっぱり聞き取れない。

という方は、ディクテーション(聞こえたものを書き取る練習)で単語と単語の連結による音の変化に気づけるようになりましょう。

ディクテーションについてはこちらに詳しく書いています。

また、シャドーイングもオススメです。

音の連結を自分ができるようになることで、聞き取れるようにもなっていきます。

シャドーイングについてはこちらに詳しく書いています。

③意味の理解が追いつかない

音は聞き取れても意味の理解が追いついていかないという方。

頭の中で返り読みをして日本語に訳す癖がついていませんか?

リスニングの音源のレベルをグッと落とし、易しい英語をなるべく日本語に訳さず英語のまま理解することを意識しましょう。

また、読むと同時に英語のまま理解できるレベルの易しい英語をたくさん読む多読もオススメです。

多読についてはこちらに詳しく書いています。

まとめ

漠然と「リスニングができない」ではなく、

どうできないのか、今一度見つめ直して自分に必要な勉強をしましょう。