英語自律学習

今の英語力と理想の英語力とのギャップを分析する

こんにちは、Yukiです。

手に入れたい英語力が思い描けたら(こちらの記事参照)、

今度は今の英語力と理想の英語力とのギャップを自分で把握しましょう。

今の英語力と理想の英語力とのギャップを分析する

ポイントは具体的に、細かく。

必要な情報は3つ。

  1. 理想の英語力
  2. 今の英語力
  3. ①②のギャップ

③でわかった理想と現在とのギャップこそが取り組むべきことなわけですが、

多くの人がまず①②をざっくりと曖昧にしか把握していない。

だから自分にとって必要な取り組むべきことが何なのかがわからないまま、闇雲に学習を始めています。

ポイントは、具体的に細かく把握することです。

「英語ができない」と言っても段階は様々

英語ができない状態から→できるようになりたい。

これは当然全ての人に当てはまるわけですが、一口に英語ができないと言ってもその段階は様々。

例えばスピーキングとリスニングについて「できない」の様々な段階を見てみましょう。

スピーキング

  • 言いたいことがそもそも浮かばないから喋れない
  • 言いたいことはあるけれど文の作り方がわからなくて喋れない
  • 単語が出てこないから喋れない
  • 頭の中で逐一日本語に変換して時間がかかりスムーズに喋れない
  • 発音に自信がなくて喋れない

リスニング

  • 単語の切れ目も全くわからず単なる音の羅列にしか聞こえない
  • 途中の単語だけしか聞き取れない
  • 音は聞き取れても意味の理解が追いつかない
  • 文字で見ればわかるけれど音になると聞き取れない

例えばこのように単に「喋れない」「聞き取れない」と言っても色々な段階があります。

できない段階によって当然学習法も異なる

当然ながら今いる段階によって必要な学習も変わります。

ただぼんやりと地図を眺めたってどこにも行けません。

今いる位置目的地がちゃんと定まってからでないと行き方は決められません。

それと同じように、目標現状、それから必要な学習法を具体的にしましょう。

喋れるようになりたい。でも今は全然喋れない。喋れるように練習しよう。

というざっくりとしたルートを描いた場合と、

発音に自信を持ちたい。でも今はカタカナ英語になってしまう。だからフォニックスで一つ一つの音を綺麗に出せるよう練習しよう。

という具体的なルートを描いた場合。

当然後者の方が、着実に目的地に近づいていきそうですね。

今の自分の英語力を見つめ直してみよう

ひとまず先ほど例に挙げた「スピーキング」「リスニング」のどの段階で立ち止まっているのか、自己分析してみましょう。